前へ
次へ

レンタル携帯の料金は銀行振り込みも可能か

レンタル携帯というサービスを活用するためには、もちろんお金を支払う必要はあります。賃貸物件を借りるのと同じく、費用は支払う訳です。ところでレンタル携帯の料金を支払う方法は、主に2つあります。決してクレジットカードに限定される訳ではありません。その点はネット回線とは大きく異なります。そもそもネット回線の支払い方法は、カード払いに限定されている事も多いです。振り込みで回線料金を支払える訳ではなく、あくまでもカード払いに限られてしまうケースが多々あります。万が一の状況を想定して、通信業者としてもカード払いに限定している訳です。ただクレジットカードを持っていない方々からすると、それは少々困ります。ところで上述のレンタル携帯というサービスであれば、現金でお金を支払う事も可能です。たいていのレンタル携帯の業者には、振込先があります。業者が指定する口座に入金する形になります。カードがなくてもお金を支払う事はできますから、安心です。なお銀行振り込みで入金する時は、時間帯には少々注意する必要があります。銀行の営業日もありますし、タイミングによっては翌営業日扱いになってしまうからです。念のために、営業日は確認しておく方が良いでしょう。ちなみにレンタル携帯でも、クレジットカードで支払う事もできます。状況によっては、かえってカード払いの方が便利な事もあります。というのも銀行振り込みの場合は、上述のような時間帯の制約があります。それに対してカード払いであれば、24時間いつでも入金できるからです。速やかに料金を支払いたい時は、カードの方が便利です。なおクレジット払いを利用する時は、デビットカードは少々注意を要します。デビットというサービスもクレジット払いになりますが、必ずしもレンタル業者に対応しているとは限らないからです。業者によっては、プリペイド型のカードに対応していない事もあるので、注意を要します。ただ、それもカード次第です。カードによっては料金を支払える事もあるので、レンタル携帯の業者に問い合わせしてみると良いでしょう。現金払いと違って、カードなら指定のポイントも付きます。かえってお得になる事もあるので、デビットも検討してみると良いでしょう。

Page Top